FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: EUROBEATレーベル

TIME 

2005.07.05
Tue
17:32

1980年代中期にGIACOMO MAIOLINIが設立したレーベル。
現在のEUROBEATレーベルでも一番歴史のあるところで、後発のA-BEAT C、DELTA、HI-NRG ATTACKなどのプロデューサーは全てこのTIMEから独立しています。
GIACOMO MAIOLINIは曲を聴いて瞬時にその曲がヒットするかしないかが分かるということです。
あの「DRAGOSTEA DIN TEI」もこのTIMEから生まれた曲です。

1990年代前半までのTIMEサウンドは、太いシンセに緻密な音とメロディ、独特のノリの良さを維持し、ヒット曲にも恵まれましたが、1995年、現DELTAのプロデューサー、L.G.NEWFIELDがDELTA設立のためTIMEを離れたことにより、音作りが大きく変わった。(それだけ、NEWFIELDの音は「TIMEサウンドの中核」だったわけですね)
また、女性ボーカル曲の大半を歌っていたMORONIも同じくDELTA移籍のためTIMEを離れ、アーティストの声変わりが進んだのもこの頃。

しかし1996年、A-BEAT Cに在籍していた、LUCA PERNICIがTIMEに移籍し、彼独特のスピード感溢れるサウンドに美しいメロディが乗るスタイルの曲がヒット。このスタイルの代表曲としては「MELODIES OF LOVE/HELENA」です。
2000年に入る頃、このLUCA PERNICIがTIMEを離れ、EUROBEAT界から姿を消した。

現在のTIMEサウンドは、割と速めのBPMに軽めのシンセが乗るスタイルで、哀愁ユーロも多いレーベルとして知られている。

□代表的なアーティスト(順不同)
MAIO & CO
HELENA
VANESSA
SOPHIE
ROSE
MR.M
DAVE SIMON
ALEXIS
LOU GRANT
VICTORIA
ATRIUM
ROBERT PATTON
IKA
JILLY
LISA JOHNSON
NIKI NIKI
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

A-BEAT C 

2005.07.05
Tue
17:31

TIMEで「ALEPH」というアーティスト名義で活躍していたDAVE RODGERSが1990年に設立したレーベル。

DAVEがTIMEを離れてから某レーベルで、曲作りをしていたところ、このレーベルにいたA.CONTINIと意気投合し、一緒に設立した。同時に日本のavexもまだ設立間もないころ、新しいEUROBEATコンピレーションアルバムを立ち上げるためにイタリアへ担当者が行っていたようで、彼らと契約し「SUPER EUROBEAT」シリーズが始まった。

設立当初は、あまりハイパーさの無いEUROBEATに新たな風を吹き込もうと、当時としてはかなり攻撃的な曲が目立ち、それが人気を呼んで、現在ではリスナーに広く支持をされるレーベルに成長した。
このレーベルではアーティストの声質を重視して、それに合った曲を制作しているためか、アーティストごとの人気が非常に高く、聴き手を飽きさせない色々なスタイルの曲が存在するのが特徴。
また、DAVEがロック好きというのも影響して、ロックとEUROBEATを融合した作品も多い。
非常に安定感のあるレーベルで、極端なハズレ曲が無いのも特徴。

SUPER EUROBEATシリーズの看板レーベルであり、一番収録曲数が多い。

□代表的なアーティスト(順不同)
DAVE RODGERS
DOMINO
LOLITA
GO GO GIRLS
VIRGINELLE
NORMA SHEFFIELD
KAREN
MEGA NRG MAN
NUAGE
MATT LAND
SUSAN BELL
GROOVE TWINS
MANUEL
WAIN L
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

DELTA 

2005.07.05
Tue
17:30

1995年、TIMEに在籍していたL.G.NEWFIELDが、同じ頃A-BEAT Cに在籍していたB.SINCLAIRE、TIMEの女性ボーカリスト兼作家のC.MORONIの3人で設立したレーベル。
SINCLAIREはこの頃、自分のスタジオを立ち上げたばかりでもあり、A-BEAT Cから独立していたようなものでした。(A-BEAT Cに楽曲提供をしていた、という感じですね)
TIMEの中でも、NEWFIELDはMORONIとともに作詞・作曲活動をすることが多く、彼がプロデューサーを勤める曲では、TIMEのGIACOMO MAIOLINIはエグセクティブ・プロデューサーの立場になるなど、TIME内でNEWFIELDは絶対的な信頼を得ていた。

設立当初はまさに、A-BEAT CとTIMEの良い部分を合体させた曲作りで、レーベル第1弾の「MONEY GO!/MARKO POLO」が特大ヒットになるなど、彗星のごとく登場した新レーベルに当時のEUROBEAT界は激震した。
その後も、出せば大ヒット、という図式が出来上がるほど高品質のサウンドを次々と発表。
NEWFIELDチームとSINCLAIREチームが存在し、それぞれが同じレーベル上でリリースすることは、まさに当時しのぎを削っていたA-BEAT CとTIMEの人気プロデューサーがダッグを組むことであり、このことからもDELTA初期のクオリティの高さは他の追随を許さなかった。
さらにWANDERLAND/SARA(1997年)から彗星のごとく登場したSCARET TEAM(GILARDI-VAROLA-CREMONINI)がDELTAに参加。SARA名義の曲を中心にアーティスティックな楽曲が好評を博した。

しかし、2000年に入った頃、このSCARET TEAMが契約終了となり、DELTAを去った。
これ以降、曲調も変わり徐々に失速。人気の面ではA-BEAT Cに抜かされてしまったが、2002年あたりからまた「DELTAシンセ」とも言われる弾むようなシンセが復活しつつある。
また、80年代のEUROBEATをモチーフにした作品も見られるようになり、この路線にはかなりの人気がある。

□代表的なアーティスト(順不同)
MARKO POLO
NIKO
CHERRY
MAD MAX
ODA
MAX COVERI
DR.LOVE
NATHALIE
SARA
LESLIE PARRISH
SUZY LAZY
DELTA QUEENS
KEVIN JOHNSON
MAKO
MADISON
DENISE
DRAMA
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

HI-NRG ATTACK 

2005.07.05
Tue
17:29

80年代から、TIMEを中心に多数のレーベルへ楽曲提供を行っていたC.ACCATINOとF.RIMONTIが1994年、DIG IT傘下に設立したレーベル。

元々、哀愁系の曲を中心に制作していた2人だが、HI-NRG ATTACKとして始動したときは、非常にアグレッシブなノリのいいEUROBEATを制作。独特のダミ声男性ボーカルに乗せた脳内爆発EUROで一躍人気を博した。
全レーベル中最も太い音色を使用することが多いので、イントロを聴いた瞬間にこのレーベルの曲だということが分かるくらいに特徴があります。

1996年頃からは、曲作りのスタイルも少しずつ変わり、過去によく見られた女性ボーカル哀愁系の曲も増えてきて、新しいファンを獲得し始めた。
このレーベルを含め、VIBRATION、SCPはavexの傘下レーベル、cutting edgeからリリースされていた「EUROBEAT FALSH」シリーズに参加していたが、同シリーズ終了後に「EUROMACH」シリーズに変更。このシリーズも終了した現在は「SUPER EUROBEAT」のVOL.141から参加、今後の展開が楽しみです。

□代表的なアーティスト(順不同)
FRANZ TORNADO
BAZOOKA GIRL
BABY BAZOOKA
TRI-STAR
JEE BEE
CINDY
NIKITA JR
BABY GOLD
GARCON
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

VIBRATION 

2005.07.05
Tue
17:28

1996年、A-BEAT CとTIMEを両方行き来していたGINO CARIAが中心となって設立したレーベル。

設立当初は非常に爽やかな楽曲をメインに制作。「HEY HEY BABY CRY/DEE DEE」はクラブやリスナーの間で大ヒット。
この後、哀愁系やアグレッシブ系なども多数制作して、人気が出てきたところ、中心人物だったGINO CARIAが突然の病死。このニュースはEUROBEAT界で大きく取り上げられた。
さらに、SCP立ち上げのため、このレーベルにいたS.CASTAGNAとE.SOMENZIもVIBRATIONを離れ、残った作家達で現在も活動しているものの、リリース量は減っている。
しかし、発表される楽曲はかなり良いものも多いため、ヒット性は高い。

EUROMACHシリーズ終了後、SEB141より参加するも、SEB159をもってavex系シリーズから脱退、現在は曲提供がされていません。

□代表的なアーティスト(順不同)
DEE DEE
REGINA
MARIA VALENTINO
SHARON K
BETTY BLUE
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

BOOM BOOM BEAT 

2005.07.05
Tue
17:27

80年代中期、それまでTIMEに在籍しており、80年代後半に自身のレーベルをいくつも立ち上げて活動していたFCF(FARINA、CRIVELLENTE、FADINGER)が90年代前半にこれらのレーベルを潰し、1995年、本格的に立ち上げたレーベル。

80年代に培った曲作りに現在のEUROBEATのエッセンスを混ぜるという独特の手法で「VIRTUAL LOVE/KEN MARTIN」が大ヒット。その後も同じようなスタイルで人気を博す。
レーベル設立からEUROBEAT FLASHシリーズに最後まで参加し、EUROMACHシリーズにも参加していたが、途中でavexとの関係が悪化。そのまま曲を提供しなくなり、他のレコード会社のコンピレーションアルバムに参加していたが、第3次ユーロビートブームも去ったころ、そのコンピレーションアルバムが終了し、日本国内におけるコンピレーションCDには収録されなくなってしまいました。

しかし2005年、avexとの関係を修復したのか、SEB161より曲提供を再び開始。
そのヒット性の高さと往年のファンをも虜にする楽曲センスには定評があり、今後が期待されます。

□代表的なアーティスト(順不同)
KEN MARTIN
MILK AND COFFEA
SARAH
MISTER MAX
MARK FOSTER
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

* category: EUROBEATレーベル

SCP(Stefano Castagna Productions) 

2005.07.05
Tue
17:26

1998年頃、G.CARIAが病死後、VIBRATIONを離れたS.CASTAGNAとE.SOMENZIがA-BEAT Cの傘下レーベル「DOUBLE」に移籍、そこで曲作りをしていたが、2000年に入ったころ、新しく「SCP」レーベルを立ち上げ、現在に至る。

彼らの曲作りは何と言っても、疾走感溢れる王道EUROBEAT路線を突き進むスタイル。
そのためか、クラブでの支持も高く、IIDXでの提供曲「SOLID GOLD/DUSTY」を聴けばお分かりであろう。
しかし、彼らにはもう一つの顔がある。BPMを控えめにした非常に綺麗な哀愁ユーロも存在、この2本柱でリスナーの支持も高く、新興レーベルながらかなりの人気を獲得している。
VIBRATION時代は、G.CARIAとの共同制作が多く見られ、現在になっても当時のスタイルの面影があり、VIBRATIONレーベルの初期の頃が好きなリスナーにはオススメ。
また、日本の琴、沖縄民謡などアジアの楽器、音楽を楽曲の中に取り入れるなど、斬新な試みも見られる。

EUROMACH終了後、SEB VOL.141からSEBに参戦したこのレーベルの今後が楽しみです。

□代表的なアーティスト(順不同)
DUSTY
FASTWAY
GO 2
ACE
CHRISTINE
LISA LION
VAN T.K.
KIKI & FANCY
PAMSY
MELLISA WHITE
SCREAM TEAM
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top

カレンダー

Twitter

最近のコメント

カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード